デイトレード - わくわく株式投資

デイトレード


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

「デイトレード」と言う本を読みました。

オリバー・べレス氏/グレッグ・カブラ氏著。

林康史氏監訳。

藤野隆太氏訳。

題名の通り、基本デイトレードの事が書かれています。

ただ、デイトレード以外にも使えます。

まあ、スイング程度までですけど。

長期だと、ちょっと違うなと思うかもしれません。

テクニカル分析のが良いという事です。

確かに短期だと、ファンダメンタル分析は有効ではないかもしれません。

そして、損切りの大切さが書いてありました。

損をいかに少なくして手仕舞う事の大切さです。

正直、耳が痛いです。

頭では分かっているのですが、なかなか出来ません。

損切りはしばらく出来ても、すぐに出来なくなります。

メンタルの問題でしょうね。

面白い事が書いてありました。

買っても負けても気にならなくなったら、勝ちが増えるようになった。

だいたい自分の負けパターンですが。

損切りする。

損切りした株が上がる。

損切りしたら損と思う。

そして高値掴みするが、下がっても上がると思う。

そして、含み損が多くなる。

もっと売れなくなる。

結局、大損。

どんな状況でもスタンスを崩さない事が大切なんでしょうね。

まあ、正しいスタンスですが。

テクニカルな事より、メンタル的な事が書いてあります。

頭では分かっているが、なかなか実行出来ない事。

それの大切さが書いてあります。

しばらく株の取引して、失敗しから読むと良いかもしれません。

上手くいっている人は、実行しているのかもしれませんね。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/659-c9787234

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞