レ・ミゼラブル - わくわく株式投資

レ・ミゼラブル


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

レ・ミゼラブルをブルーレイで観ました。

なんと、日本語吹き替えが有りませんでした。

まあ、ミュージカルの映画版だから仕方ないかもしれませんが。

基本、ミュージカルっぽいしゃべり方です。

歌を歌っているというか。

内容は、なんか悲惨な感じでした。

物語が次から次へと変わるのですが、どれもこれも悲惨でした。

なんか見ていて、辛くなっていくかも。

なんでこんな内容なんだろうと思って、調べてみました。

題名が「悲惨な人々」「哀れな人々」という意味らしいです。

題名の意味が分かると、内容もなんとなく理解できます。

映画で見ると、結構辛いですね。

ミュージカルで観ると、良いのでしょうかね。

私は観たことないので、分かりませんが。

ミュージカルだと、内容がどうのこうのというより、その場の雰囲気ですからね。

きっと、劇場で見ると良いのでしょうね。

泣けるかと言えば、泣けますが。

どうなんでしょう。

人それぞれかな。

次々と悲惨な展開がされるのは、個人的には嫌ですね。

悲惨と言っても、最近の映画みたいな激しいのはないですが。

地味な感じで、次から次へ。

発見もありましたが。

教会から銀の食器を盗む話です。

これの話が、レ・ミゼラブルの話だとは知りませんでした。

銀の食器を教会から盗んで、捕まって、連行されるのですが。

教会の神父さんが、あげたのですよ、って言って釈放される話です。

それが分かっただけでも、収穫ですかね。

地味に悲惨な話が好きな人には良いかも。

泣きたい人にはいいかな。

面白さとかはないですね。

映画を楽しみたい人には、向かないかも。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/572-bf024545

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞