異次元の金融緩和、2013年4月 - わくわく株式投資

異次元の金融緩和、2013年4月


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

日銀は2013年4月3日、4日の金融政策決定会合で、「量的・質的金融緩和」を決めました。

異次元の金融緩和と言われるものです。

せっかくなので、まとめておこうと思います。

後から見直す事もあるかと思います。

記録ですね。

金融緩和の内容は、下記のようになります。

物価目標コアCPIの2%を2年程度の期間、もしくは早期に実現するための内容だそうです。

マネタリーベース(現金通貨と日銀の当座預金残高)および長期国債・ETFの保有額を2年間で2倍程度とする。

長期国債の平均残存年数を現行の2倍以上にする。

量・質ともに次元の違う金融緩和になるそうです。

金融市場調節の操作目標も、現行の無担保コールレート(オーバーナイト物)からマネタリーベースに変える。

金融市場調節方針は「マネタリーベースが、年間60~70兆円に相当するベースで増加するよう金融市場調節を行う」になりました。

年間60~70兆円というのは、マネタリーベースの増加ベースとなります。

2012年度末のマネタリーベースの実績138兆円規模です。

2013年度末が200兆円。

2014年度末が270兆円。

2年間で140兆円増える見込みです。。

国債のイールドカーブ全体の低下を促すことを目的にする。

長期国債の保有残高が、年間50兆円に相当するペースで増加するように買入をする。

長期国債の買入対象を40年債を含む全ゾーンとする。

買入の平均残存年数を現状の3年弱から、国債発行残高の平均並みの7年程度に延長する。

この結果、毎月の長期国債のグロスの買入額は7.5兆円規模になります。

これまでは3.8兆円程度、4月の買入予定額は6.2兆円になります。

2013年度の長期国債のカレンダーベースの発行予定額は126.6兆円(年間発行額156.6兆円から短国の30兆円を差し引いたもの)です。

7.5兆円の12か月で88.7兆円をグロスで日銀が購入するとなれば、毎月の発行額の70%を買い入れることになります。

新方式の国債買い入れは、新発債も対象となるそうです。

これまでの輪番オペは財政ファイナンスと意識されないために、発行年限別の直近発行2銘柄を除いていました。

それを行うと流通玉が不足しかねず、新方式ではその制限も外します。

今回の措置により、今後は5年債、10年債、さらに超長期債の新発債の日銀による購入が可能となる。

質的緩和強化の意味合いから、ETF及びJ-REITの保有残高がそれぞれ年間1兆円、年間300億円に相当するベースで増加するように買入を行います。

「量的・質的緩和」は2%の物価安定の目標の実現を目指します。

2%の物価安定を安定的に維持するために必要な時点まで継続します。

その際、経済・物価情勢について上下双方向のリスク要因を点検して、必要な調整を行う。

資産買入等の基金は廃止され、金融調節上の必要から行う国債買入は既存の残高を含め、国債買入に吸収する。

つまり基金と輪番の統合となる。

この国債買入は金融政策目的で行うものであり、財政ファイナンスではない、と公表文に明記。

銀行券ルールは一時停止。

特にそれに変わるルールについての言及はない。

巨額な国債買入と大規模なマネタリーベースの供給を円滑に行うために、市場参加者との間で、金融市場調節や市場取引全般に関してこれまで以上に密接な意見交換の場を設ける。

被災地金融機関を支援するための資金供給オペレーションおよび被災地企業等にかかる担保要件の緩和措置を1年延長する。

今回の政策により、国債への需給には大きな影響を与えようが、国債の買い手として日銀の存在が大きくなります。

これにより、3つのルートで経済活性化の効果が見込めると説明しています。

一つ目が金利低下と資産価格上昇の効果です。

日銀が国債や、元本割れリスクのある上場投資信託(ETF)と不動産投資信託(J-REIT)を買って、国債市場の金利低下と、株価や不動産など資産価格の上昇を促します。

すると、住宅ローン金利や企業の借入金利が下がるほか、資産の値上がり利益で、消費や設備投資の意欲が刺激されるとのことです。

二つ目は、幅広い国債を購入して金利全体が低下すると、より高い利回りの見込める株式などの資産に資金が移りやすくなり、経済全体のお金の巡りも良くなる。

三つ目は、さらに、物価が2%に上昇するまで大規模緩和を続けると約束することで、「物価が上がる」という期待が高まれば、消費や投資が活発になるというシナリオです。

これで、株価が上がるはずなのですが。

正直、よく分かりません。

とりあえず乗るしかないですね。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-04-08 09:20 | from -

Re: No title

結局、運と逃げかたですね。

2013-04-08 12:37 | from キラベル

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/497-07757aea

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞