鯨幕相場で攻めろ - わくわく株式投資

鯨幕相場で攻めろ


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

日経平均先物が鯨幕相場を展開しています。

鯨幕相場は、くじらまくそうば、って読みます。

そのままですね。

ところで、鯨幕相場って、なんでしょう。

そもそも、鯨幕って何。

そこからですね。

白と黒の布を一枚ずつ交互に縫い合わせて、上下の縁に黒布を付けた幕です。

葬式の会場に張り巡らされている、黒白の縦縞の幕。

通夜や葬式など、一般的には弔事で使用されています。

鯨の体が、黒と白の2色であること、あるいは黒い皮を剥いだ際の身が白いことに由来するそうです。

では、それと株とはどんな関係があるのか。

日足が、始値より終値が高い陽線が白。

逆に、日足が、始値より終値が低い陰線が黒。

これが交互になっていると白と黒の縦縞が出来ます。

この様子が、鯨幕のようだという事です。

要は、陰線と陽線、逆でもいいですが、交互に現れる相場を鯨幕相場と言うそうです。

上がったり、下がったりということですね。

確かに、今の相場ですね。

では、どんな状況なのでしょう。

上がるかな。

下がるかな。

なんか迷っている相場らしいです。

で、どうなるのって話ですよね。

迷っているので、迷いがなくなったら、どちらかに動くそうです。

どちらかって、どうゆう事。

上か下、どちらかに動くという事。

上がるか、下がるかという事です。

なんじゃ、そりゃ。

株なんて、上がるか下がるかしかないのに。

じゃあ、過去どうなったの。

過去、20回くらいあったらしいです。

そして、9勝11敗らしい。

どうゆうこと。

要は、上に行くか、下に行くか、分からないという事です。

えー。

それなら、わざわざ鯨幕相場なんか注目しなくたっていいのに。

上か下か分からないなら、普通の相場じゃないのか。

確かに、その通りかも。

なんじゃそりゃ。

いや、きっと、そうゆう事じゃないと思う。

しばらくしたら、上か下に動くから、そのトレンドにつく準備をした方が良いよという事でしょうか。

準備か。

何をすればいいんだ。

多分、余計な先入観は持たないようにしなければいけない。

そして動いた方につく。

その為に何をすればいいのか。

無。

無の境地。

もう考えない。

上か下に動く事が分かった時点で、それに乗る。

チャートに従うしかない。

上がったら買い。

下がったら売る。

こんどこそ乗る。

しかし、本当に動くのだろうか。

まあ、余計なことは考えてはいけないですね。

チャートに従う。

下のが分かりやすいかな。

上に行ったら、馬鹿になるしかないのか。

でも、あまり気張ってもしょうがないか。

どうせ先の事なんか分からないんだし。

ただのボックスになったら、どうするんだよ。

その時は、その時。

その時考える。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/456-214db0f2

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞