2013年、信用取引革命 - わくわく株式投資

2013年、信用取引革命


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

新年の1月に入ってから、日経平均の値動きが激しくなっています。

これは、転換期の値動きだと勝手に思っていました。

考えてみると、1月から信用取引の保証金に関する内閣府令の一部改正、および取引所規則の改正がありました。

これにより、信用取引の資金効率が上がり、取引がしやすくなったんですね。

だから、最近の値動きが激しくなってるかもしれませんね。

そんな事、今更気付いたのって言われそうです。

そうなんです。

ガーン。

私は、今まで何と戦ってきたのでしょうか。

まあ、気を取り直して勉強ですね。

何が変わったのでしょう。

1つ目。

改正前。

新規建をして、同じ日に建玉返済を行った信用取引の保証金は、当日中に他の信用取引には使えなかった。

改正後。

同一の保証金を利用して、同じ日に何度でも回転売買が出来るようになった。

2つ目。

改正前。

信用取引で得た利益を、3営業日後まで委託保証金に反映することが出来なかった。

改正後。

建玉返済後瞬時に次の信用取引に利用できるようになった。

3つ目。

改正前。

追証解消方法は保証金の追加差入れのみ。

改正後。

返済した建玉金額の20%に相当する額が追証金額から差し引かれるので、解消方法が多様化された。

4つ目。

改正前。

建玉を返済しても3営業日後まで委託保証金が拘束される。

改正後。

すぐに保証金の引出が可能になった。

SBI証券の説明を参照しています。

3つ目と4つ目が、よく分かりません。

そんな事でいいのか。

良くないかもしれませんが、分からないからいいや。

ハマった時に、考えるようにします。

要は、資金効率がかなり良くなったという事でですね。

こんなんだから、いきなり値動きが激しくなったのでしょうかね。

しばらくしたら落ち着くかもしれませんが。

まあ、そういうものだと思っていないといけないのでしょうね。

そういうものって、何だよって感じですが。

要は、値動きが加速されているということでしょう。

知らない間に、株価に加速装置が取り付けられていたということですね。

こちらも、加速装置を装備しないとやられてしまうかもしれません。

ところで、加速装置って何だよ。

どうすりゃいいの。

今まで以上に売買の判断を素早くするということでしょうか。

考えるなら、ポジションを外して考えないと、気付いた時にはドツボかも。

まあ、売買が低迷するという事を考えられますが。

そして動く時は、株価は加速して動く。

1年間ぐらいは、振り回されるかも。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

加速装置

では、私も右に習えで加速装置つけさせていただきます♪

2013-02-12 10:53 | from ゆき

Re: 加速装置

どうなるか分かりませんので、気を付けて下さいね。

2013-02-12 16:13 | from キラベル

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/442-742c46e5

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞