FC2ブログ

損切りが辛くなったら、売買しない - わくわく株式投資

損切りが辛くなったら、売買しない


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

損切りが辛くなったら、売買しない。

当然、含み損は決済します。

口座をきれいにしてから、売買をしないようにします。

損切りは辛いです。

ただ、やり続けると本当に辛くなります。

そして、損切りをしなくなります。

そうなると、今度は含み損が増えます。

そして、結局身動きが取れなくなり、売買しなくなります。

そうなると、なかなかチャンスに動けなくなります。

損切りを止める前に売買しなくなれば、資金はあるので、チャンスにも動きやすくなります。

だから、損切りが辛くなったら、含み損を抱える前に売買をしなくした方が良いのです。

買いの場合だと、しばらく含み損を抱えても、リバッて利益がでることがあります。

それは正当化しない方がいいです。

リバらない事もあるし、その場合は、いつまでも身動きが取れない状態が続くことになるからです。

長期投資の場合は別ですけど。

長期投資の場合は、下がった時にナンピン出来ない銘柄は最初から買うべきではないでしょう。

長期投資の話は、今回は別ということで。

損切りの重要性は、ある程度理解出来ると思います。

それで、初めのうちは損切りをすると思います。

多少辛くても、損切りしているのだと思います。

それが、いつしかしなくなります。

それは、損切りが重なると、辛さが増して出来なくなるのだと思います。

いつしか、楽な含み損を選び、売買しない。

含み損で資金が無くなり売買が出来なくなるので、何も考えなくてよくなり、楽になるのかもしれません。

損切りが重なる場合が、どのような場合か考えてみます。

それは、自分の考えと相場の動きが合っていない。

だから、自分の思いと逆に株価が動く。

だから、売っても買っても損をする状態が続くのです。

そして、損切り。

損切りをすると、口座がきれいになるので、ついつい負けても売買をしてしまうのかもしれません。

そのような場合は、一旦、冷静になる為に売買をやめて、考え直すのが良いのだと思います。

損切りの目的は、損切りをすることではありません。

損切りの目的は、資産を減らさないことです。

自分の考えがトレンドに合っていないのに売買をするのは、損を増やす行為です。

本来の損切りの役目をはたしていません。

損切りが続くのは、自分の考えがトレンドに合っていないと考えるようにすればいいのです。

負けても、負けても売買を繰り返すのは、自分の欲に支配されているのでしょう。

儲けなきゃいけない。

負けを取り戻さなければいけない。

一旦売買を止めて、自分の欲を制御してから売買を開始する。

損切りが辛くなるのは、体調が悪くなるのと同じようなことだと思います。

体調が悪くなっても無理をすると、更に悪くなって寝込んでしまうようになったります。

体調が悪くなったら、早めに無理せず休養すれば、また体調が良くなります。

それと同じようなことだと思います。

損切りが辛くなっても売買を続けると、結局、含み損を抱え身動きが取れなくなる。

損切りが辛くなったら、一旦売買を止め、どうしたらトレンドに乗れるか考え、損切りが出来るようになってから売買する。

損切りが辛くなるのは、認めたくない病とか傲慢病のなり始めかもしれません。

認めたくない病は、自分の損を認めたくない。

傲慢病は、自分のトレードが間違うはずがない。

他にもあると思いますが。

自分の間違いを素直に認められる精神状態になっていないのです。

ヤバイ時は逃げる。

そうゆう精神状態でなければ、ハマります。

確かに、決済後、決済しなきゃ良かったという事もあります。

それは、危険に巻き込まれなくて良かった思うべきなのです。

逃げた時、儲け損なうことはあります。

逃げなかった時、大損することがあります。

前者は大損しません。

後者は大損します。

結局、自分の過ちを素直に認められるようにならないといけない。

自分の売買が間違っていたら、ドテン反対売買。

そうすれば、大儲け。

なんてね。

言葉で書くと簡単ですけど、実際には難しいです。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/434-93ba8992

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞