後悔しない - わくわく株式投資

後悔しない


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

売ったら、上がる。

売らなきゃ良かった。

空売りを返済したら、下がる。

返済しなきゃ良かった。

上昇トレンドでチャートを見ると、あの時買っておけば良かった。

下降トレンドでチャートを見ると、あの時売っておけば良かった。

株をしていると、後悔することが多いです。

というより、後悔しているから儲からないのかもしれません。

なぜかというと、株のトレンドは常に変動しているからです。

後悔は、過去のトレンドには当てはまりますが、現在のトレンドに当てはまらないからです。

売ったら上がる。

上昇トレンドの時は、よく有ることです。

あきらめた方がいいです。

と言うより、考えない方がいい。

もう、次のことを考えるようにした方が良いです。

なぜなら、トレンド転換は突然きます。

次に売るのを我慢したら、下降トレンドで下がってしまうからです。

売ったら上がった。

今はまだ上昇トレンドは続いているのだろうか、と考えなければいけません。

上昇トレンドと下降トレンドは交互にきます。

いつまでも上昇トレンドの考えは通用しません。

いつまでも下降トレンドの考えは通用しません。

反省は必要ですが、後悔はしてはいけません。

反省と後悔の違いはなんでしょう。

反省は、なぜ売ったか、なぜ買ったか、考える。

何を間違えたのか考え、原因追及をする。

後悔は、あの時売らなきゃ良かった、あの時買わなきゃ良かった、と結果だけで判断する。

原因を考えずに、過去の悪い結果をしなきゃ良かった思う。

結果は大事ですが、悪い結果だけを見て、しなければ良かったと思ってはいけません。

その時は、それなりの考えがあった訳ですから、その考えを考察しなければいけません。

その考えが、今に当てはまるかどうかを考えて売買しないといけません。

上昇トレンドでチャートを見ると、あの時買っておけば良かった思います。

しかし底の時と言うのは、まだ下がる可能性があるがあるものです。

後から見れば底ですけど。

まだまだ下がる可能性はあった訳です。

その時買わなかったのは、むしろ良かったのです。

その後の上げで買わなかったのがいけないのです。

なぜトレンド転換を判断出来なったのを考えるべきです。

あの時買っておけば良かったと思うと、下がると買ってしまうようになります。

そうなると、下降トレンドになっても、下がっても上がると思ってしまいます。

そして、いつまでも含み損を抱えてしまうのです。

今の事しか考えないようにしなければいけません。

そして、今からどうなるか考えて売買しないといけません。

過去を振り返るなら、反省をして、後悔をしてはしけません。

絶対に、あの時売らなきゃ良かったとか、あの時買っておけば良かったとか、思ってはいけません。

取り戻せない過去にこだわってはいけません。

今を良くすることを考えなければ、未来は良くなりません。

後悔は、今の自分の過ちを過去の自分のせいにしているだけなのです。

結局、ダメな自分を繰り返しているだけです。

後悔は、ダメな自分のまま未来に行くことです。

あー、あの時と思った時、すぐに打ち消さなければいけません。

株が上がるか下がるかは、今の状況で決まるのです。

いい気になって失敗した反省は必要ですが、しなかった後悔はしない方がいいのです。

上手くいかなくなると、ついつい後悔してしまいます。

後悔しないように、頑張らなければ。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

No title

読めば読むほど分からなくなる面白いブログです。妖怪ファンドに振り回されないよう頑張ってください。

2013-01-22 19:51 | from ノーやん | Edit

Re: No title

優柔不断さが出ているのでしょう。頑張りたいと思います。

2013-01-22 21:27 | from キラベル

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/420-15f610cb

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞