ドラギ総裁が金融不安を引き起こすのか - わくわく株式投資

ドラギ総裁が金融不安を引き起こすのか


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

ECB理事会終了後、ドラギ総裁は国債買い取りについて明言しました。

これは暴騰かもしれない。

しかし、日経平均は-98.07で終えました。

なんで、こんなことになってしまったのでしょうか。

どうも国債買い取りが未確定だったようです。
 
1.ユーロ圏諸国の財政健全化が必要。

2.欧州金融安定化基金(EFSF)や欧州安定機構(ESM)も買い取りをすること。

欧州圏諸国の協力の条件が整えば、協調して国債を買い取る準備を進めるとのことです。

そして、一人の理事が反対しているようです。

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のワイトマン総裁と推定されています。

またドイツの反対ですね。

なんか、よく解らない展開ですね。

結局、どうなるんだ。

要は、ECB単独で購入しないということ。

もしかしたら、買わないかもしれない。

そんな感じですかね。

なんか狐につままれた気がします。

だから売られたんですね。

もう、どうなるか解りません。

国債買い取りが始まれば上がるのでしょうか。

もう一喜一憂しない方がいいですかね。

次は日銀か。

一応、IMFのお墨付きがあるから、金融緩和しやすいかもしれません。

なんか、どうでもよくなってしまいした。

やっぱり、ドラギ総裁には失望ですね。

株って上がるんでしょうかね。

あー、あ。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/255-09c7bd31

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞