パパンドレウ首相信任、IMFがイタリア監視 - わくわく株式投資

パパンドレウ首相信任、IMFがイタリア監視


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

5日未明、ギリシャのパパンドレウ内閣に対する信任案は、可決されました。
国民投票などという、とんでもないことを言う首相なので否決された方が面白いと思いました。
しかし、実際否決されたとなるとギリシャ支援策の受け入れが遅れて、また不安が広がる可能性があります。
よくよく考えれば、緊縮策への国民の不満は強いなかでよく頑張っているのでしょうか。
財政再建に向けた野党との連立政権協議にメドが付けば、辞任する可能性もあるみたいですね。

イタリアは、国際通貨基金(IMF)の監視を受けることを決めたようです。
年金制度改革など財政再建の進み具合についてだそうです。
イタリアはユーロ圏3位の経済規模です。
2010年末時点でイタリアの債務残高は、国内総生産(GDP)の約1・2倍だそうです。
イタリア国債の流通利回りは4日、年6・4%台になりました。
イタリアもかなり、ヤバイですね。
こんなことばかり書くと、もう上がる要因がないように感じてきます。
関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/132-c874c2ff

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞