ギリシャ国民投票とFOMC - わくわく株式投資

ギリシャ国民投票とFOMC


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

ギリシャのパパンドレウ首相が、第2次支援策の受け入れの国民投票を実施するとの考えを示しました。
これにより欧州債務問題が再燃して、暴落しました。
サルコジ仏大領領とメルケル独首相、ドラギECB(欧州中銀)総裁、ラガルドIMF(国際通貨基金)専務理事などが協議をするそうです。それに、パパンドレウ首相も加わるそうです。
実行されるには、ギリシャ議会で半数以上が必要だそうです。
300席あるので150席以上必要ですが、与党・PASOKは152議席で、そのうち4人が反対しているそうです。
時期については、ギリシャのカスタニディス内務相が2日に「国民投票は(1月よりも早い)12月中に実施される可能性がある」と国営テレビに対し語ったらしい。
なんてことでしょう。

FOMC(米連邦公開市場委員会)については、追加金融緩和が期待されます。
QE3とかMBS(住宅ローン担保証券)買い入れなどがあります。
まあ、米経済指標がよいことから、あまり期待できないみたいですが。

しかし、ギリシャは何を考えているんでしょうか。
関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/127-77416d76

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞