良い損切りと悪い損切り - わくわく株式投資

良い損切りと悪い損切り


 ●クリックして応援して欲しいニャ~

損切りには、良い損きりと悪い損切りが有ります。

どちらの損切りも、しなければいけませんが。

どう違うのでしょうか。

その前に、なぜ損切りをしなければいけないのでしょうかという事です。

なぜでしょう。

それは、間違ったトレードを止めて、次のチャンスに資金を残す為でしょう。

しかし、損切りばかりしていると、資金が無くなってしまいます。

じゃあ、損きりはしない方がいいのか。

そういう事ではないのでしょう。

では、どうすれば。

それは、悪い損切りを減らす訳です。

では、悪い損切りとは何でしょうか。

その前に、良い損切りについて考えます。

良い損切りとは何か。

それは、規律に従い売買し、その通りに行かなかった時に損切りする。

そしてまた、規律に従い売買する。

例えば私の場合、トレンドに従って売買をする訳です。

だから、株価が高くなっていてもトレンドが上なら買うしかない訳です。

しかし、下がる時もある訳です。

そういった時は損切りして、次のトレンドに乗るのです。

これが、良い損切りです。

では、悪い損きりとは何か。

適当売買して、反対に行ったから損切りする。

そうすると、次どうしようかという事になります。

例えば私の場合、トレンドに従って売買しているのに、株価が高そうなので売りポジします。

そしたら、上がったので損切りする。

損きりしたのはいいのですが、次どうしたらいいのか分かりません。

また適当に売買して、損切りする訳です。

無駄な損切りが多くなるのです。

これが、悪い損切りです。

悪い損切りでも、しないと大変な事になりますが。

結局、良い損切りと悪い損切りの差は、規律に従って売買するか、適当に売買するかで決まる訳です。

規律に従って売買した場合の損切りは、良い損切り。

適当に売買した場合の損きりは、悪い損切り。

だから、悪い損切りを減らすには、ポジションを取る時に慎重に考えなければいけません。

損切りすればいいや、という安易な考えでポジションを取ると、損を取り返せなくなるかもしれません。

損きりはしなくてはいけませんが、次に繋がる損切りをしなくてはいけません。

良い損切りとは、次に繋がる損切り、規律の中で行われる損切りとうことでしょう。

最後に、まとめてみます。

良い損きりは、次の利益につながります。

悪い損きりは、その時の損を減らすだけです。

規律をしっかりさせる事が条件ですが。

関連記事
最後まで読んで頂きまして、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

 どうか、クリックをお願い致します
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://kirabell.blog.fc2.com/tb.php/1035-96fb4d14

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © わくわく株式投資 All Rights Reserved.
速報レコード大賞